ここに紹介した書籍は当会で販売しております。
ご希望の方は事務所までご連絡ください。

 

あなたの脳も危ない
(若者と家族の会・編/せせらぎ出版)
 脳損傷者の多くが「対象外」として福祉・医療の谷間に取り残されていることを知っていますか?
あなたが今日、その谷間に突き落とされたらどうしますか?

知られざる高次脳機能障害
(松崎有子・著/若者と家族の会・編/せせらぎ出版)
 「生きててもええやん」から3年目。高次脳機能障害の詳しい解説や資料がほしいという切実な声にこたえるために、出版されました。ぜひ有効にお使いください。

生きてもええやん
(頭部外傷や病気による後遺症を持つ若者と家族の会/せせらぎ出版)
 会が発足して4年目の1999年10月に、当会の会員、家族の手記を「生きててもええやん」として発刊したものです。

やってみよう!こんな工夫 高次脳障害者への対応事例集
(高次脳障害研究会)
いろいろなケースに即した対応事例集です。

脳外傷者の社会生活を支援するリハビリテーション
(阿部淳子)
2000年2月に名古屋で開催されたシンポジウムの教本です。

脳外傷交流シンポジウム報告
(名古屋総合リハビリテーションセンター)
2000年2月に名古屋で開催されたシンポジウムの報告書です。

脳外傷 〜僕の頭はどうなったの?!〜
(脳外傷友の会「みずほ」)
「みずほ」の会員の脳外傷の方と追ったルポ。

記憶障害のケア

イギリスにおける記憶障害のケアの実践を紹介。

高次脳機能障害のリハビリテーション

リハビリテーションの専門書です。

脳外傷者のリハビリテーション 就労をめざして
(大橋正洋)
神奈川リハビリテーションセンターの大橋先生の著書です。

脳外傷リハビリテーションマニュアル
(神奈川リハビリテーション病院)

高次脳機能検査法

医療関係の専門家向けの本です。

脳死・臓器移植拒否宣言
(山口研一郎・桑山雄次)
脳死判定や臓器移植の問題に疑問を投げかけています。

「疑惑」は晴れようとも 松本サリン事件の犯人とされた私
(河野義行)
サリンの被害で奥様が遷延性意識障害となられました。

脳は甦る 音楽運動療法
(野田燎)
先進的リハビリの方法の一つ、音楽運動療法の実践

太陽の仲間たちよ
(紙屋悦子)
意識障害の看護の現場をマンガで紹介しています。

私の看護ノート
(紙屋悦子)

ステキに家庭介護入門

(紙屋悦子)
家庭での介護法を解説しています。

いっしょにがんばろう! 脳外傷者とどうつきあうか
(名古屋総合リハビリテーションセンター)
家庭でも職場でも役立つ Q&A形式の小冊子 分かりやすい内容です。

脳外傷 アメリカの今
(‘99 米国脳外傷研究会)
アメリカの視察報告書

脳外傷 Q&A
(日本脳外傷友の会)
Q&A形式で脳外傷について分かりやすく解説しています。

加害者天国ニッポン 交通死・重度後遺障害者は告発する。
(松本誠/GU企画出版部

交通事故の解決システムの実体と問題点を厳しく批判しています。

会報

“若者と家族の会”の会報です。

トップに戻る