私たちの会は脳に起因する中途障害者とその家族、及びその支援者の会です。その詳細については、入会案内に記載の通りです。毎日の介護を合間を縫いながら、困難な中を会活動を進めてきています。

  1995年9月に、正会員約50家族、賛助会員数名で産声をあげた私たちの会は、2009年4月現在、正会員約240家族、準会員・賛助会員約70名の会に発展し、互いの親睦活動や情報交換に止まらず各種勉強会・講演会の開催や、行政交渉など、新しい地平を切り開いてきました。現在、毎週月曜日から金曜日の、10:00〜16:00 多くの困難の方々からの電話での相談をお受けしています。来所での相談も同じ時間帯で、行っています。

 当会は、日々起こる交通事故、労災、医療過誤などの事故・第三者行為に限るだけでなく、脳腫瘍、脳内出血、脳梗塞など病気に起因する方も対象とした会です。即ち、障害種別、障害程度、障害の原因を越えた組織として、いわゆる「寝たきり」(遷延性意識障害)の人から、認知障害や記憶障害など「高次脳機能障害」に至るまでの「脳に起因する中途障害」ということのみが正会員の条件であり、脳損傷の全てを網羅した全国的にも希有な会です。

 また、「若者と家族の会」とは言いつつも特に年齢制限は行っておりませんし、「全国脳外傷友の会」「全国遷延性意識障害者・家族の会」など他の当事者団体や、各地の脳損傷による障害者団体との関係も深く、紹介も可能です。

  中途障害は誰にでも起こる可能性があり、多くの「健常者」にも是非、私たちの活動を知っていただきたいと思っております。当会への連絡方法は、入会案内のページをご覧下さい。

トップに戻る